> > >

国家試験情報


第11回 解剖生理学(10問)

問題 81 器官発生に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

a 内胚葉−−膵臓

b 中胚葉−−骨格筋

c 外胚葉−−唾液腺

d 外胚葉−−神経系

1.abのみ  2.acdのみ  3.bcのみ  4.dのみ  5.a〜dすべて

問題 82 ヒトの脊柱についての記述である。誤っているのはどれか。

1.頚椎と腰椎は前弯を示す。

2.椎骨の棘突起は椎体の前方にある。

3.第一頚椎には椎体がなく環椎という。

4.腰椎は5個の椎骨からなる。

5.仙骨は5個の仙椎が癒合したものである。

問題 83 筋肉の構造と生理に関する記述である。正しいのはどれか。

1.横紋筋はミオシンからなる細いフィラメントとアクチンを主体とする太いフィラメントで構成される。

2.筋が受動的に伸長される時には急速にATPが消費されて大きな力を産み出す。

3.横紋筋では運動神経は分岐することなく,それぞれの細胞に独立して接合している。

4.遅筋線椎は酸素と結合する分子に含まれている鉄分のために赤色を呈している。

5.運動神経未端から放出されたCa++により活動電位が高まり,筋収縮が開始する。

問題 84 血液ガス運搬についての記述である。正しいのはどれか。

1.酸素は大部分物理的に溶解した状態で運搬される。

2.二酸化炭素は主にHCO3−として肺まで運ばれる。

3.静脈のへモグロビン酸素含量は,動脈血より高い。

4.酸素解離曲線が左上に移動する方が,組織が酸素を取り込みやすい。

5.呼吸の促進がおこり,二酸化炭素排出過剰になると呼吸性アシドーシスとなる。

問題 85 血圧を上昇させる方向に働く因子の記述である。誤っているのはどれか。

1.心拍出量が増加する。

2.血液の粘度が増加する。

3.血管の内径が小さくなる。

4.運動トレーニングによる、筋肉に血管新生が起こる。

5.末梢組織間隙の水分が増える。

問題 86 全肺気量が4,500mlの成人男子の場合,適当でないのはどれか。

1.1回換気量−−500ml

2.予備吸気量−−1500ml

3.予備呼気量−−1500ml

4.残気量−−2000ml

5.肺活量−−3500ml

問題 87 消化管分泌機能についての記述である。正しいのはどれか。

1.コレシストキニンは主として膵液中の液性成分の分泌を促進する。

2.セクレチンは,胃から十二指腸に食物が運搬された刺激により,十二指腸から血中へ分泌される。

3.アセチルコリンやガストリンはペプシノーゲンの分泌を抑制する。

4.膵液中のトリプシノーゲンは胆汁酸によりトリプシンとなって作用する。

5.膵液の液性成分はランゲルハンス島から,ホルモンと一緒に分泌されている。

問題 88 男性の生殖器についての記述である。正しいのはどれか。

1.精巣の精細胞から男性ホルモンが分泌される。

2.精子形成は精巣上体(副睾丸)の中でおこなわれる。

3.前立腺は射精管を通して尿道に開口する。

4.精液特有の臭いは精のう分泌物の臭いである。

5.精管は,骨盤腔内に入らないようになっている。

問題 89 迷走神経についての記述である。誤っているのはどれか。

1.脳神経である。

2.胃や小腸を支配する。

3.交感神経として働く。

4.心拍数を調節する。

5.発声に関係する。

問題 90 女性の卵巣機能についての記述である。誤っているのはどれか。

1.卵胞ホルモンの分泌は月経期にピークに達する。

2.卵胞ホルモンは,子宮内膜の増殖を促進させる。

3.排卵後に卵胞は黄体に変化する。

4.黄体の消腿したあとを白体と言う。

5.妊娠が成立した場合には黄体ホルモン分泌は継続する。

↓     ↓     ↓     解答をチェック     ↓     ↓     ↓









問題81.5 問題82.2 問題83.4 問題84.2 問題85.4  問題86.4      問題87.2 問題88.3 問題89.2 問題90.1 

 <関連書籍>